JINDAI Style バックナンバー299号

No.299 July 2014

JINDAI Style 299号

   

表紙の人
内山 健太さん(経営学部国際経営学科3年)

学内でも目を引く長身の内山さんは、バスケットボール部のメンバーとして、日々練習に打ち込んでいる。元々サッカー少年だったが、小学生のとき友達に誘われ何となく始めたバスケットボール。しかし、その楽しさに魅せられ、以来ずっとバスケ一筋の生活に。

「1番印象に残っている試合は、昨年、強豪校相手にあと一歩のところで逆転負けをしてしまった試合です。今はその悔しさをバネにチーム一丸となって練習に取り組んでいます」という内山さんは、部活の練習以外の時間も自分でスケジュールを組み、自主トレーニングに励んでいるそう。

毎日練習で忙しい内山さんに今後について聞くと「卒業後は地元に戻ろうと思っています。怪我も多く心配をかけてきたので、両親に恩返しをしたいです。でも、どこへ行ってもバスケは続けると思います。オフ期間にバスケから離れていると、身体を動かしたくなるんです」と、バスケ一筋の生活は変わらないようだ。

Q  これから成長させたいことは?
A 就職活動も始まるので、滑舌を良くしたいです。

JINDAI Style デジタルパンフレットを見る

デジタルパンフレット閲覧にあたっての推奨環境はこちらをご確認ください。