JINDAI Style バックナンバー296号

No.296 December 2013

JINDAI Style 296号

   

表紙の人
村上 健斗さん(経営学部国際経営学科4年)

原宿でのスカウトをきっかけに、3年次よりモデル活動を始めた村上さん。「雑誌を見る立場から見られる立場になったことで、姿勢や仕草を意識するようになりました。最近、普段は厳しい父が応援の電話をくれたんです。嬉しかったし、励みになりました」と教えてくれた。

学生時からプロの世界を垣間見ることで“自分がなりたい自分”だけではなく“相手に求められている自分”を考える大切さに気付くことができたという。「第一線で活躍する方々は、本当に素晴らしい方ばかりです。その中で、自分は一体どんな個性があるのか、何になれるのかと悩むこともあります」と語る。「神大で知り合った友人たちには、僕と仲良くしてくれて本当に感謝しています。

最近は“大人旅”と称しちょっと背伸びをして鎌倉や築地などの散策を楽しむことも。いろいろな経験や幅広い知識をもった大人になりたいです」と、笑顔で話す村上さんの今後更なる活躍に期待したい。

Q  これから挑戦したいことは?
A 卒業後もモデル業を続けていく予定です。さらに新しい分野にも挑戦し、活動の幅を広げていきたいと考えています。

JINDAI Style デジタルパンフレットを見る

デジタルパンフレット閲覧にあたっての推奨環境はこちらをご確認ください。