理学入門

第1回 数学の過去・現在・未来

  • 日時
    2018年6月2日(土)13:30~15:00
  • 場所
    3号館401教室
  • 講師
    長 宗雄(神奈川大学理学部教授)

タイトルから講義内容はおおむね理解できると思いますが、これまで人類が取り組んできた問題について、歴史的な順序に従って解説しながら、現在取り組んでいる問題について概説します。数学は自分で考えて解決法を見つけ出すことが重要ですので、一方的な講義ではなく、問題を一緒に考えながら講義を進めます。
※講義には10㎝程度の定規を持参してください。

第2回 身近にある発光化学反応

  • 日時
    2018年6月23日(土)15:20~16:50
  • 場所
    3号館401教室
  • 講師
    山西 克典(神奈川大学理学部特別助教)

「化学発光」は、私たちの身近な所に存在し様々な形で利用されています。例えば、ルミノールの化学発光は科学捜査に利用され、サイリュームの化学発光はコンサートやお祭りなどでケミカルライトとして使用されています。また、生物において酵素が関与する化学発光は生物発光と呼ばれています。このような身近に用いられている化学発光の原理を簡単に解説し、実物を用いた「化学発光」の実験を行います。

第3回 植物への遺伝子導入

  • 日時
    2018年7月14日(土)13:30~15:00
  • 場所
    3号館401教室
  • 講師
    安積 良隆(神奈川大学理学部准教授)

アグロバクテリウムという土壌細菌は自分が持っている遺伝子を植物の細胞のゲノムの中に挿入する能力を持っています。アグロバクテリウムはこの能力を自分自身の増殖のために持っていますが、人はこの能力を、植物を改良したり研究したりするのに利用しています。この植物への遺伝子導入の原理と応用例について解説する予定です。

お問い合わせ

神奈川大学広報事業課 TEL:045-481-5661(代) E-mail:kokai-shikaku@kanagawa-u.ac.jp