法学入門

第1回 参議院と日本政治

  • 日時
    2019年6月1日(土)13:30~15:00
  • 場所
    3号館307教室
  • 講師
    小山 吉亮(神奈川大学法学部准教授)

今年の夏には参議院議員選挙が実施される予定ですが、参議院は何のために存在するのでしょうか。日本国憲法では衆議院の優越が定められているため、参議院の存在意義がわかりにくくなっており、ときには参議院不要論が飛び出すこともあります。しかし、参議院は日本の政治に大きな影響を与えてきました。この授業では日本政治の歴史や外国の議会の例を参考にしながら、日本の議会のあり方について考えてみます。

第2回 法は家庭にはいらず?―法とは何か、そしてどうあるべきか?

  • 日時
    2019年6月22日(土)15:20~16:50
  • 場所
    3号館307教室
  • 講師
    井上 匡子(神奈川大学法学部教授)

現在、家族や家庭を舞台として、ドメスティック・バイオレンス、子どもへの虐待、貧困問題など、様々な深刻な問題が起きています。また、生殖補助医療の発達や定着による新たな問題も生じています。このような家族や家庭をめぐる問題に法や司法はどのような役割を果たしているのでしょうか。そして、果たすべきなのでしょうか。
この講座では、身近な家族や家庭、恋人の間での法的問題を題材に、「法とは何か?」を考えます。

第3回 人権とジェンダーから世界を見てみよう

  • 日時
    2019年7月13日(土)13:30~15:00
  • 場所
    3号館307教室
  • 講師
    近江 美保(神奈川大学法学部教授)

「人権」という言葉はみなさんもよく聞くと思いますが、「人権」とはどのようなものなのでしょうか? 第二次世界大戦後の国際社会では、国連を中心に人権を守るための取組みを進めてきました。でも、今も人権が守られていない人はたくさんいます。「ジェンダー」という言葉も聞いたことがあると思いますが、これは人権とどのような関係にあるのでしょうか?「人権」と「ジェンダー」を手掛かりに、より多様な世界の見方を学んでみましょう。

お問い合わせ

神奈川大学広報事業課 TEL:045-481-5661(代) E-mail:kokai-shikaku@kanagawa-u.ac.jp