第17回 神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞

高等学校における学習・研究に新たな目標を与え、広く理科教育を支援する試みとして2002年から実施している神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞は、今年で第15回を迎えました。2018年12月7日(金)に開かれた審査委員会において、受賞論文が決定いたしましたのでお知らせいたします。授賞式は、2019年3月9日(土)に神奈川大学セレストホールにて行います。

【応募総数】
153編
【応募高校数】
79校
【審査委員会】
2018年12月7日(金)
【名誉委員長】
長倉三郎
【審査委員長】
上村大輔
【審査委員】
紀一誠、齊藤光實、庄司正弘、内藤周弌、松本正勝

大賞(1編)【奨学金10万円・記念品】

「サボテンの維管束は水を効率よく吸収するために工夫されている~サボテンのサバイバル術~」
神奈川県/横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校 横屋 稜

優秀賞(3編)【奨学金5万円・記念品】

「光度変化を利用した小惑星の解明~微弱な変化から、全体の形状を推定する~」
愛媛県/愛媛県立松山南高等学校 太陽系班

「シャウティングチキンはなぜ悲壮な叫び声を上げるのか」
群馬県/群馬県立藤岡中央高等学校 F.C.Lab

「都市の光が夜空に与える影響」
愛知県/名古屋市立向陽高等学校 国際科学科 光害グループ

努力賞(14編)【奨学金3万円・記念品】

「潰瘍性大腸炎モデルマウスから観察したマヌカハニーの機能性~マヌカハニーと食物繊維は大腸炎を改善した~」
埼玉県/山村国際高等学校 生物部 新井 倭愛

「ヨウ素時計反応の誘導時間を左右するもう一つの要素〜第2報〜」
千葉県/千葉県立大原高等学校 澱粉三姉妹

「テニス審判員の参加動機と満足度に関する調査~活動頻度向上に関する提言~」
東京都/東京大学教育学部附属中等教育学校 発田 志音

「河川の研究における水路の作成~粗度係数測定と障害物による水流への影響~」
東京都/玉川学園高等部 二宮 瞳子

「麹菌の菌子の成長が抑制される要因」
神奈川県/横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校  角田 望

「ビー玉スターリングエンジンの動作時間とディスプレーサの関係~ビー玉が5個の時長く動き続けるのはなぜか~」
石川県/金沢大学附属高等学校  北山 智沙子

「尿素による八面体食塩結晶の生成について」
京都府/京都府立洛北高等学校  笹田 翔太

「金コロイドを用いた、システインの定量」
兵庫県/仁川学院高等学校  川村 ヒカル

「広島花崗岩類中の暗色包有岩の形成過程」
広島県/広島大学附属高等学校 科学研究班

「回転するローラーに乗せた金属棒の運動」
愛媛県/愛媛県立西条高等学校 堀田とその仲間たち

「糖の分子構造と浸透現象の関係性」
愛媛県/愛媛県立松山南高等学校 SSH浸透班

「廃棄物中の炭酸カルシウムの再利用~水質浄化へ向けて~」
愛媛県/愛媛県立松山中央高等学校 化学部

「物理的観点による沖縄方言と標準語の母音の比較2~後世に残す沖縄方言~」
沖縄県/沖縄県立球陽高等学校 SS物理クラブ

「虫が嫌がる!?ベニボタル類の分泌液について」
沖縄県/沖縄県立球陽高等学校 ベニボタル班

団体奨励賞(6校)【記念品】

群馬県/群馬県立藤岡中央高等学校
埼玉県/山村国際高等学校
神奈川県/横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校
愛媛県/愛媛県立西条高等学校
愛媛県/愛媛県立松山南高等学校
沖縄県/沖縄県立球陽高等学校

審査の方法

神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞の論文審査は、2段階方式で進められました。

まず、学内教員によって組織された専門委員会が「予備審査」を担当し、論文1編につき学内教員2名と専門委員2名の計4名の工学部・理学部・人間科学部教員による査読が行われました。専門委員会はこの査読者の評価をもとに論文を審査し、大賞・優秀賞候補論文と努力賞候補論文を選定して審査委員会に報告しました。

この予備審査結果をうけて審査委員は、送付された受賞候補論文の事前評価を行い「本審査」を担う審査委員会の場で、「高校生らしい研究論文の在り方」など基本的視点も含めた広い立場から審査し、大賞、優秀賞、努力賞、団体奨励賞の受賞論文、受賞校を決定しました。

【第17回全国高校生理科・科学論文大賞 専門委員会】

委員長 井上 和仁(理学部教授)
委員 後藤 智範(理学部教授)
加藤 憲一(理学部准教授)
大平 剛(理学部准教授)
西本 右子(理学部教授)
引地 史郎(工学部教授)
朝倉 史明(工学部教授)
松木 伸行(工学部准教授)
田中 則仁(入試センター所長・経営学部教授)

2019年3月9日(土)、横浜キャンパス16号館セレストホールで、全国から受賞高校生と指導教諭をお招きして第17回神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞授賞式・講演会を行いました。

第一部の講演会は東京工業大学名誉教授 本川達雄氏による「ゾウの時間・ネズミの時間・私たちの時間」と題して行われ、全国から訪れた受賞高校の生徒たちは、本川氏の話に熱心に耳を傾けていました。

  • 第一部
  • 第一部

続いて行われた第二部の授賞式では、大賞・優秀賞・努力賞・指導教諭賞それぞれの受賞者と、団体奨励賞受賞高校への表彰と記念品授与が行われました。大賞および優秀賞受賞者による研究発表では、審査委員をはじめ他の受賞者や一般の方々が見守る中、見事なプレゼンテーションが披露されました。

  • 大賞 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校

    大賞 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校

  • 優秀賞 愛媛県立松山南高等学校

    優秀賞 愛媛県立松山南高等学校

  • 大賞 群馬県立藤岡中央高等学校

    優秀賞 群馬県立藤岡中央高等学校

  • 優秀賞 名古屋市立向陽高等学校

    優秀賞 名古屋市立向陽高等学校

  • 努力賞 京都府立洛北高等学校 ほか13校

    努力賞 京都府立洛北高等学校 ほか13校

  • 団体奨励賞 群馬県立藤岡中央高等学校 ほか4校

    団体奨励賞 群馬県立藤岡中央高等学校 ほか5校

研究発表

大賞
「サボテンの維管束は水を効率よく吸収するために工夫されている~サボテンのサバイバル術~」
神奈川県/横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校 横屋 稜

優秀賞
「光度変化を利用した小惑星の解明~微弱な変化から、全体の形状を推定する~」
愛媛県/愛媛県立松山南高等学校 太陽系班
「シャウティングチキンはなぜ悲壮な叫び声を上げるのか」群馬県/群馬県立藤岡中央高等学校 F.C.Lab
「都市の光が夜空に与える影響」愛知県/名古屋市立向陽高等学校 国際科学科 光害グループ

  • 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校

    横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校

  • 愛媛県立松山南高等学校

    愛媛県立松山南高等学校

  • 群馬県立藤岡中央高等学校

    群馬県立藤岡中央高等学校

  • 愛媛県立宇和島東高等学校

    名古屋市立向陽高等学校

授賞式の後に行われたレセプションでは、受賞者の表情が授賞式の時の緊張した面持ちからリラックスした屈託のない笑顔に一変、受賞者同士、また審査委員の先生方と談笑する姿が見られました。突然の指名にとまどいながらも、明るく受賞の喜びを語る姿に、会場からは暖かい拍手が送られました。

  • レセプション
  • レセプション
  • レセプション
  • レセプション

YouTube

第17回 神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 授賞式・講演会

2019年3月9日に開催された、授賞式・講演会の様子を動画でご紹介いたします。
受賞者のインタビューもこちらでご紹介しています。

名誉委員長

長倉三郎 神奈川大学特別招聘教授・東京大学名誉教授

委員長

上村 大輔 : 神奈川大学特別招聘教授・名古屋大学名誉教授

審査委員

紀 一誠 : 神奈川大学名誉教授
齊藤 光實 : 神奈川大学名誉教授
庄司 正弘 : 元神奈川大学教授・東京大学名誉教授
内藤 周弌 : 神奈川大学名誉教授
松本 正勝 : 神奈川大学名誉教授

『未来の科学者との対話17』-第17回神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞受賞作品集-
は日刊工業新聞社より5月末頃出版予定です。

  • 募集要項

    募集要項

    全国高校生理科・科学論文大賞の募集要項はこちらです。

    俳句の募集はこちら
  • 過去の記録

    未来の科学者との対話

    理科・科学論文大賞の受賞作品集。理系以外の学生にも理解しやすい内容です。

    過去の記録はこちら